温泉でのんびり、美味しいものににっこり!


by kamefu-fu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
北海道
青森
秋田
岩手
宮城
山形
福島
栃木
茨城
群馬
長野
埼玉
千葉
東京
神奈川
山梨
新潟
静岡
岐阜
兵庫
富山
福井
石川
三重
和歌山
島根
奈良
熊本
大分
鹿児島
沖縄
旅先でのお店情報
旅先での面白グッズ
旅先での日帰り温泉
海外
未分類

以前の記事

2013年 05月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
more...

フォロー中のブログ

衣食遊食飲福岡
JIKKOの徒然日記
JIKKOの那須別荘記

ブログの内容

今まで出かけた温泉の感想を書いてます。
あくまでも個人の感想です。

☆また写真の著作権は放棄しておりませんので無断に他に掲載することはお断りいたします☆

★写真をクリックするとウェブアルバムを見ることができます★


☆☆LINKS☆☆
ソーイングがとても上手な友人のブログです。
【hirokororin 】

::::::::::::::::::::::::::

人生の大先輩のブログです。こだわりの中に素晴らしい感性をお持ちの奥が深~いブログです。
【 いいものだけを日本から 】

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新の記事

アラモアナファーマーズマーケット
at 2013-05-28 11:06
ハワイ人気のパンケーキ店「エ..
at 2013-05-24 12:39
ヒルトン・ハワイアン・ビレッ..
at 2013-05-22 17:29
ヒルトン・ハワイアン・ビレッ..
at 2013-05-13 13:28
ハイテンションのままハワイ滞..
at 2013-05-10 11:42

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ

画像一覧

「広丞庵かのか」お楽しみの食事

★写真をクリックするとアルバムを見る事ができます★

080524かのか(食事)


母屋にある食事処での食事になります。

★夕食

炭火を使った料理がメインです。

<食前酒>
自家製ブルーベリー酒

思ったより甘くない大人の味ですね。

<前菜>
さざえハーブバター焼き
茗荷サーモン巻
野ふき

まずは冷めないうちにとすすめられたさざえのバター焼きから
スタート。
この味を口にして
ここの料理は美味しいと直感。
バターが主張しすぎるとサザエの味を台無しにしてしまいますが、
絶妙な塩梅がいいです。

<椀物>
青海苔とかつおの酒盗

ふんわり磯の香りがする青海苔が上にのった茶碗蒸し。
底にはかつおの酒盗が入ってました。
おそらくこの茶碗蒸しは烏骨鶏の卵を使っているのではないかな・・・
有馬温泉「旬重」で食べた朝ごはんの烏骨鶏のちゃわん蒸しと同じような味です。
口の中でとろける感触、
料理人のレベルの高さがわかります。
美味しかった。
おかわりしたかった。


<お造り>
きんめ(勝浦港)
いさき(勝浦港)
ひらまさ(鴨川港)

特にヒラマサは厚さが微妙なんですよ。
厚すぎると嫌味な食感がでるので苦手なんですが、
これまた絶妙な厚さ。
キンメもくどくなく
一見組み合わせとしては難しい取り合わせだと
思いますが、すべての魚の個性が生きてました。



<焼き物>
野菜と魚介類の盛り合わせ と 和牛サーロイン
ブリのカマ
あわび
海老
地物の肉厚ピーマン
かぼちゃ
肉厚しいたけ


何もつけなくても素材の味がして
これまた美味しいのなんの。
新鮮な魚介類も美味しかったし、
地物の野菜も甘みがあって美味しかったです。
あわびはいつもお刺身で食べてしまうのですが、
炭火焼き、美味でした。
海老も頭から尻尾までぜんぶポリポリ食べれます。


佐賀牛の炭火焼き

生でも食べることができる上物。
牛刺しとして一口切っていただき、
あとは軽く炭火で炙りました。
鮫川で摩り下ろしたわさびに岩塩を混ぜたもので
食べました。
わさび、岩塩で食べることはありますが
あくまでも別々で食べていましたので
これをまぜまぜする食べ方は新鮮でした。
(これだけでもお酒が飲めます)
付け合せの新たまねぎのスライスをポン酢でいただきました。
(肉とたまねぎの相性は食べ合わせの面でも実はいいコンビ)


<酢の物>
山芋梅肉添え

お肉のあとのさっぱりがよかったです。

<お食事>
おにぎり茶漬けと香の物

これまた
お肉のあとのさっぱり。
いい組み合わせです。

<デザート>
季節のフルーツ
メロンと桜のアイスクリーム
桜の塩気とアイスクリームの甘さのバランスが
これまたいい塩梅。
これも美味しかった・・・・


量も味もバランスがお見事!

このレベルの高い料理は
オーナーがつくっているのかな?
奥様かな?
料理人がいるのかな?
それとも逆転ホームランの娘さん?(失礼しました)


食事が終わり
部屋に戻ったところ
かわいい竹篭にかわいいお結びがふたつ。
夜食用に届けられてました。
(もちろんメッセージが添えられてました)
食べられないよ~と思いましたが、
あんなにお腹いっぱいだったのに
ちゃ~んと食べれました・・・
宿の秘蔵酒で酔っ払ってしまって、
満腹中枢が麻痺してしまったのか
持参した昼のおにぎりまでパクリ。

満腹、満足でした~


★朝食

夕食と同様、同じ食事処でいただきます。

炭火で焼いた立派な鯵の一夜干(肉厚で脂がのっていて実に美味しかった)
フレッシュバーブの赤ワインたまねぎドレッシングのサラダ
湯葉の煮物
くみ上げ豆腐、塩辛、梅干、のりの佃煮
たけのことわらびの味噌汁

朝食もこれまた美味しかったです。
朝からおかわり~と2膳も食べてしまいました。


料理の出し方ひとつにもきちんとしてました。
すみませんね~と人の前から料理を出すということは
ありませんでした。
徹底してました。


過去10数年、
あちこちの宿に泊まりました。
値段が値段だからこんなもんか・・・という宿。
それだけの金額を払っているのだから当然だろう・・・という宿。
ここはいいけど、ここがねえ・・・・という宿。
家庭的だからしょうがないか・・・という宿。
もう論外。記憶から抹消・・・という宿。

好きな宿の中でも

食事ならば、ここ。
施設面では、ここ。
おもてなしでは、ここ。
お風呂(温泉)では、ここ。

とおのずと自分の中でランキングがついているのですが、
ここは全部満足できるのです。
コストパフォーマンスでは最高レベルじゃないかな
どうしても何かないか・・というのであれば
温泉じゃないという点。
これだけです。

温泉じゃないけど
いいんです。
ここは。

食事は有馬温泉 花小宿「旬重」と同じぐらい美味しいし
おもてなしは、27年間連続第1位の和倉温泉「加賀屋」レベル。
押し付けがましいことは一切ない。
さりげなくです。
部屋の造り、宿の設備は、
これは他の宿もみなさんレベルが高いので
甲乙つけがたしです。

最後に車が見えなくなるまで
ご夫婦で深々とお辞儀をされていたのがとても印象的でした。
最後の最後まで
心がこもったおもてなしをしていただきました。

そう簡単には予約がとれる宿ではありませんが、
努力して最低年一回は泊まりたい大切な宿です。


ランキングに参加中。毎回↓↓クリックお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

「JIKKOの徒然日記」も書いています。よろしく^^
[PR]
by kamefu-fu | 2008-05-30 01:00 | 千葉