温泉でのんびり、美味しいものににっこり!


by kamefu-fu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
北海道
青森
秋田
岩手
宮城
山形
福島
栃木
茨城
群馬
長野
埼玉
千葉
東京
神奈川
山梨
新潟
静岡
岐阜
兵庫
富山
福井
石川
三重
和歌山
島根
奈良
熊本
大分
鹿児島
沖縄
旅先でのお店情報
旅先での面白グッズ
旅先での日帰り温泉
海外
未分類

以前の記事

2013年 05月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
more...

フォロー中のブログ

衣食遊食飲福岡
JIKKOの徒然日記
JIKKOの那須別荘記

ブログの内容

今まで出かけた温泉の感想を書いてます。
あくまでも個人の感想です。

☆また写真の著作権は放棄しておりませんので無断に他に掲載することはお断りいたします☆

★写真をクリックするとウェブアルバムを見ることができます★


☆☆LINKS☆☆
ソーイングがとても上手な友人のブログです。
【hirokororin 】

::::::::::::::::::::::::::

人生の大先輩のブログです。こだわりの中に素晴らしい感性をお持ちの奥が深~いブログです。
【 いいものだけを日本から 】

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新の記事

アラモアナファーマーズマーケット
at 2013-05-28 11:06
ハワイ人気のパンケーキ店「エ..
at 2013-05-24 12:39
ヒルトン・ハワイアン・ビレッ..
at 2013-05-22 17:29
ヒルトン・ハワイアン・ビレッ..
at 2013-05-13 13:28
ハイテンションのままハワイ滞..
at 2013-05-10 11:42

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ

画像一覧

遠刈田温泉「森の京風オーベルジュ山風木」~施設編その2~

★写真をクリックするとアルバムを見る事ができます★

080823蔵王・遠刈田「山風木」parts2

部屋のタイプは
和室とテラス、和室と和ベッドとテラス、
和室とベットルームとテラス、ジャパニーズモダンスウィートの
4タイプあります。

宿泊料金は部屋のタイプによって変わります。
食事はどこの部屋に泊まっても皆さん同じ食事です。
私個人としては、
食事に差をつける宿がありますが、あまり好きではありません。
食べたければプラスするというスタンスの方が好きです。
食事内容、設備面、そのほかのおもてなしを考えると
とても良心的だと思います。

今回は、
「こういう部屋の家に住みたいな~」の雰囲気そのものだったので
「ジャパニーズモダンスウィート」に泊まりました。

「ジャパニーズモダンスウィート」の部屋は
唯一の2階の客室で、
窓からの眺めは、庭園、建物の屋根の連なりが見えます。
普段、屋根瓦をあまりじっくり見ることは無いのですが、
ここの屋根瓦、とても特徴がありました。
素材など詳しいことはわかりませんが、
これもこだわっているのかなとさえ感じてしまいます。

部屋には煎茶・ほうじ茶・コーヒー・紅茶などのお茶があります。
(コーヒーはコーヒーサーバーがあるので
挽いてある豆をドリップして飲むことができます)

「あったらいいな」の
2本のルームキー・常備薬・裁縫セットがありました。

2本のルームキーは、山梨の「船山温泉」さんにもありますが、
互いにゆっくり時間を気にせずお風呂に入りたいときには
とても嬉しいおもてなしだと思います。
こういう「あったらいいな」をしている宿、案外少ないですね。

廊下はすべて畳張りでしたが、
部屋の床もとても素敵でした。
欅なぐり加工の天然木の床です。(写真をご参照ください)
ちょっとオリエンタルな感じです。
畳の感触もいいですが、この感触もなかなか心地よかったです。

洗面所に衣類の収納用にチェストがあり、
これは1950年代のミッドセンチュリー家具の代表的デザインのチェストだそうです。
ミッドセンチュリー家具は詳しくないので説明文を読んで、
そうなのか・・・という具合でしたが・・・
宿がオリジナルで作ったものかと思うぐらい
50年も前の家具だとは思えないぐらい保存状態はよかったです。

部屋中央にあるテーブルは、
イサム・ノグチのあの有名なテーブルです。
和のテイストをしっかり演出していましたが、
決してでしゃばったりはしていません。

その横には、これまた素晴らしい
バルセロナ・チェアがありました。
近代建築の20世紀の3大巨匠のひとり
ルートヴィヒ・ミース・ファン・デル・ローエの作品です。

バルセロナチェアは、
1929年バルセロナ万博のドイツ・パビリオンを設計した際に、
スペイン国王のためにデザインされた椅子であり、
バルセロナチェアは20世紀の王様の椅子と言われるほどに有名です。

とてもシンプルですが、しっかり存在感があるチェアーです。
すわり心地は「王様の椅子」ですから、
それはそれは最高ですよ(笑)

テレビは37インチの液晶です。
そのほかBOSE社製DVDホームシアターシステムがあります。
「DVDシネマパラダイス」で借りてきたDVDやCDを楽しむことができます。
空気清浄機・加湿器もありました。
いつも宿の乾燥でのどが痛くなることが多かったのですが、
加湿器を用意している宿が多くなったのは嬉しい限りです。

ベットは、イタリア・マニフレックス社、最高級モデルの低反発マットレスと
いろいろな高さ、硬さにできる半ハイパー・半羽根枕を用意されていました。
寝心地もよかったです。
いつも宿に泊まったときに、腰が痛くなったり、首がちょっとこったりすることが
正直あります。
自分の高さにあった枕に出会うことはけっこう難しいなといつも思うのですが、
ここは素晴らしい!
マットレスも硬すぎず、柔らかすぎず・・・・です。

手前味噌になりますが、
腰痛持ちの私たち夫婦は
我が家のベッドのスプリングと枕にはこだわっていますので
宿から戻るといつも
やっぱり我が家のベットと枕は一番だな・・・と正直ひそかに思います。
マイ枕を持参しようかなと思うこともしばしばあるぐらいです。

でもここの宿は我が家を再現していますよ。
素晴らしい!!

細かいことですが、
リビングとトイレの壁も
どこかフランク・ロイドの建物を感じるところがありました。
トイレの壁をここまでこだわっている宿も初めてです。
それでもってあえて
トイレとリビングの壁面の間接照明に「蛍光灯」を使っていた訳は何だろうと不思議でした。
というのは照明にもかなり気をつかっている宿だったので
おそらく照明を使い分けているのは
壁面の石のデコボコをあえて見せるための工夫でしょうか???
違和感はありませんでしたが、
勉強になりました。


次にお風呂ですが、
ここのお風呂は3つあります。
「風と木々の湯」と「月と風の湯」と「貸切湯」です。

「風と木々の湯」は、背中から温泉が流れる半身浴用のベンチ付きのお風呂です。
冬はガラス戸で囲まれるようですが、夏は開放的な感じです。
この湯には
韓国の黄土サウナのような
土団子をたくさん並べたイオンサウナが併設されてました。

「月と風の湯」はひょうたん型の大きな露天風呂です。
湯口は伊達冠石という貴重な石を使っているようです。
露天風呂の3分の1は、浅くなっており、
備え付けの檜の枕に頭をのせ、
寝湯をたのしめるようになっています。
内湯には、打たせ湯がありました。
湯温が高めなので肩にあたると痛いのでちょっと無理でした。

この2つのお風呂は20時で男女交替になりますので
一泊で2種類のお風呂を楽しむことができます。

「貸切風呂」は
オリエンタルをイメージしているようで
特に予約をしないでも空いていれば利用することができます。

どのお風呂も源泉かけ流しではなく循環だと思います。

どのお風呂も湯温がちょうどよくて気持ちがよかったです。
備え付けのアメニティーもハーブが入っているものなど
安っぽいものは使っていませんでした。
この他に女性のお風呂限定だと思いますが、
何種類かのシャンプーとコンディショナーを選んでお風呂に
持ち込むことができます。
あとはマニュキュアが置いてありました。

廊下に
「麦茶」と「レモン水」が用意されていますので
お風呂あがりに美味しくいただくことができました。

その他、マッサージチェアーが廊下に2台置いてありました。
サロン「ブルームーン」でのボディーケアーを受けることもできます。
今回は利用しませんでしたが、けっこう人気のようです。


★明日は、美味しかったお食事をレポートしま~す!


ランキングに参加中。毎回↓↓クリックお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

「JIKKOの徒然日記」も書いています。よろしく^^
[PR]
by kamefu-fu | 2008-08-27 23:47 | 宮城