温泉でのんびり、美味しいものににっこり!


by kamefu-fu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
北海道
青森
秋田
岩手
宮城
山形
福島
栃木
茨城
群馬
長野
埼玉
千葉
東京
神奈川
山梨
新潟
静岡
岐阜
兵庫
富山
福井
石川
三重
和歌山
島根
奈良
熊本
大分
鹿児島
沖縄
旅先でのお店情報
旅先での面白グッズ
旅先での日帰り温泉
海外
未分類

以前の記事

2013年 05月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
more...

フォロー中のブログ

衣食遊食飲福岡
JIKKOの徒然日記
JIKKOの那須別荘記

ブログの内容

今まで出かけた温泉の感想を書いてます。
あくまでも個人の感想です。

☆また写真の著作権は放棄しておりませんので無断に他に掲載することはお断りいたします☆

★写真をクリックするとウェブアルバムを見ることができます★


☆☆LINKS☆☆
ソーイングがとても上手な友人のブログです。
【hirokororin 】

::::::::::::::::::::::::::

人生の大先輩のブログです。こだわりの中に素晴らしい感性をお持ちの奥が深~いブログです。
【 いいものだけを日本から 】

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新の記事

アラモアナファーマーズマーケット
at 2013-05-28 11:06
ハワイ人気のパンケーキ店「エ..
at 2013-05-24 12:39
ヒルトン・ハワイアン・ビレッ..
at 2013-05-22 17:29
ヒルトン・ハワイアン・ビレッ..
at 2013-05-13 13:28
ハイテンションのままハワイ滞..
at 2013-05-10 11:42

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ

画像一覧

小田原手打ちそばの名店「志美津」

南紀の温泉旅行記の途中ですが、
これは今日、書かないといけない!と思ったので
ちょっと割り込みさせていただきます。

★写真をクリックするとアルバムをみることができます★
090404小田原そば志美津

今週末、桜を見に箱根・小田原方面に行ってきました。
(箱根のレポートは後日書きます)

小田原で一番といわれている蕎麦屋があると聞いたので
以前より行ってみたいと思っていた店です。
人によっては神奈川一と評価している方もいる名店です。

手打ちそば 志美津 (そば / 井細田)


小田原市役所の裏側にある店です。
なかなか地元の方じゃないとわかりにくい場所にあります。

11:30開店なのですが、
ちょっと早めに到着してしまったので、
店のまわりをうろうろしていたところ
女将さんが出てきて
快くどうぞお入りくださいと言ってくださいました。

店の感じは正直かなり年季が入っている様子で
古くからの蕎麦屋さんという感じです。
今風のこじゃれた蕎麦屋ではありません。
(夜は酒処としても営業をされているようで
一見、そばを本業とされているようには見えないです。)

知る人ぞ知る蕎麦屋だと思います。

小上がりに座ってテーブルのメニューを見ようとしたところ
「初めてのお客様へ
志美津の冷たいお蕎麦の美味しい食べ方」
という能書きがメニューとは別に置かれていました。

おお・・・こだわりの店なんだな・・・と思って読んでいたところ
店の主人が
「初めてですか?」と。

デジカメを首から下げているから地元客ではないことはバレバレですが、
「はい、東京から来ました」と返事をしたところ

おそらく蕎麦好きであちこち食べ歩いているのだろう・・・と思ったようですが
どのぐらいお蕎麦を食べているのかわからないけどと前置きをした上で
店の主人の蕎麦への熱い想いを語ってくださいました。
(食べ終わるまでずっと蘊蓄が続きますが、
私は嫌いじゃないので楽しく伺いながら食べましたが
苦手な方は、「初めてじゃないです」と言うといいようです。)

店には「白蕎麦」と「黒蕎麦」があり、
どちらかを選んで注文をします。

白蕎麦は北海道産そば粉を使っていて
黒蕎麦は長野県産そば粉を使っているそうですが、
実は、長野県産そば粉は県外に4%しか流通しない貴重なもので
コスト面を考えるとお店で出している価格では本当は食べることができないそうです。
私は、北海道産そば粉のほうが貴重だと思っていたのでびっくりしました。

白蕎麦はお米で言うと白米で
黒蕎麦は玄米のようなものとのこと。

食べ比べをしようと2種類注文したのですが、
店の主人はお見通しで
まずは「白蕎麦」から食べてみてくださいと
「白蕎麦」から出してくださいました。
これはしっかりとした味と香りの「黒蕎麦」を最初に食べてしまうと
白蕎麦の美味しさが隠れてしまうからだそうです。

本当の蕎麦の味を知ってもらいたいとの願いで
初めてのお客さんには蕎麦をうったときにわざわざ小さな切れ端を作り
蕎麦といっしょにその切れ端を出してくれます。
切れ端をじっくり噛むことで蕎麦本来の香りと奥深い味をじっくり味わうことができます。
ついつい喉越しの良さ、出しとの相性などで評価しがちですが、
じっくり蕎麦を味わったことは実はなかったかもしれません。
自分が美味しいと感じた蕎麦が一番だとは思いますが、
蕎麦がこんなに奥深いものなのかと初めて知ったような気がします。

よくそばつゆをつけないでそのままで味わってくださいという店はありますが、
ここの蕎麦もまずはそのままで食べることを勧められますが
蕎麦を口に含んだあとに塩で食べてみてくださいと
塩をもってきてくださいました。
蕎麦の甘みと香りが鼻からふわっとぬけてきて
なんとこれがまだ美味しいのです。


蕎麦つゆもこだわりがあって
すべて無添加。
みりんも昔からの醸造みりんを使うなど
そばを美味しく引き立てるために
考えつくされものだと思います。

最後に出される蕎麦湯はとろっとしていて
店の主人いわく、
蕎麦つゆと蕎麦湯の割合は1:5がいいようです。
蕎麦湯との相性も抜群でつぎたしながら全部飲んでしまいました。

途中でうどんを小皿に出してくださったのですが、
うどんも店の主人は打つようで
このうどんも実ににおいしかったです。
関東でしたら水沢うどんとかが美味しいといいますが、
まったく足元に及ばないぐらい
ここのうどんもレベルは高いです。
本場讃岐うどんを四国まで食べに行ったことがありますが、
感動の度合は似たようなものがありました。
ご近所だったら毎日通って制覇したいぐらいです。

素晴らしい名店を知ることができて
本当によかったと店の主人に言おうと思った矢先
「せっかく来てくれたんだけど5月17日で店を閉めるんだ」と・・・・。

「えええ????
やめちゃうのですか???」

店の女将さんも
「30年やってきたんだけどね・・・」とどこかさびしそうでした。

深くは聞きませんでしたが、
あれだけこだわった材料を使ってあの値段では
おそらく採算があわないのだと思います。
かといって都内の蕎麦屋みたく1000円です・・・・とは
場所柄難しいのでしょう。

なんとももったいないことです。
もっと早く知っていれば頻繁に通ったのに
残念でなりません。

地元の方にはまだこのことはお話をしていないそうです。
私たちが東京から来たこともあり、
また来たときにもう閉店していたということに
なっていては申し訳ないから・・とのやさしい心づかいをいただきました。

「また来ます!」とにこやかに帰りたかったのですが、
どう話して店を後にしたらいいのか・・という気持ちになりました。


お勘定をして店を出ようとした時に
わざわざ店の主人が厨房から出てきてくださり

「今度来たときは初めてですか?って聞いて
いいえって言われたら何も言わないからね。
でも質問はいつでも受けますよ」と・・・。

きっともっともっと蕎麦のことを語りたかったんだろうな。
閉店まであと1か月ちょっと。
う~ん・・・・もっと早く行けばよかった。

ちなみにG.Wの5月3~5日はお休みだそうです。
閉店前に本当の蕎麦の美味しさを味わいに
ぜひ出かけていただきたい名店です。

名店に出会えたと思ったのに
残念です。


■手打ちそば「志美津」
住所 神奈川県小田原市荻窪314
TEL 0465-35-4760
定休日/毎週月曜
0465-35-4760  11:30~20:00


ランキングに参加中。毎回↓↓クリックお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

「JIKKOの徒然日記」も書いています。よろしく^^
[PR]
by kamefu-fu | 2009-04-04 22:35 | 神奈川